自己啓発実践日記(27日目)

どうも、チャッソです☆

昨日からまた秋の季節をさらに感じられるようになりました。

秋はすぐに去ってしまいますから、今のうちに自然を味わっておこうと思います。

それではいきます。

ブラインドタッチ練習

前回は二分十一秒。超えられるか!

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

んー下がりましたな。

まあおとといは特に調子が良かったので。


デイリーページ

  1. 尊敬する人のブログを読んで自分のビジョンがはっきりしたことが嬉しかった。
  2. 偉大な作品に勇気をもらえて、感謝した。
  3. 調子が悪かったが、余計なことをして空回りすることなく良いものに触れるづけることができて良かった。

  1. 自由に好きなことをして生きたいのだから、自由に好きなことをして生きている人の言うことしか聞かないようにしよう。
  2. 偉大な作品が自分に力を与えてくれる。
  3. 調子が悪いときは偉大な作品に触れるようにしよう。

  1. オリジナリティあふれる記事を書きたい
  2. お金が欲しい
  3. うまいもの食いたい

  1. 自分の本音と向き合う
  2. アクセスを集める
  3. 今日は食いたいもん食おう

雑記

無駄なことなんてないんだ

闇が深いほど、人は自分自身になろうとする。苦しみが微妙で複雑で、誰にも理解されないものであるほど、その人は自分自身になろうとする。そのコントラストがないとき、人は安易に大多数に讃えられるような人間になろうと何重にも仮面を被るだろう。そうやって自分自身を見失って、苦しんで、やっぱり自分自身になろうとする。それでいいんだ。

リソース

毎日主人公が自殺する物語を一つ書いてみようか。『このサイトはどうしても自殺したくなる人のためのサイトです。主人公が自殺をする物語を読むことで自殺の仮体験をして心のモヤモヤを解消して頂くことを目的としています。』みたいな。差別化できそう。

『死にたい』と心の中で呟くと、『やっと本音を言えた』って心がスっと楽になることがある。『そうだ、別に自分を欺かなくたっていいじゃないか』って。そして、そこから良い良い方に歩いて行けばいい。

どこかでダメなことだと思って蓋をしてたけど、どうしてもやっぱり死は綺麗だ。自分に嘘ついたってしかたない。結局死にたい感情から逃げることは出来ない。

思えば物心ついた時から死に対する憧れはあって、保育園の頃は眠くないのに昼寝をしなくちゃならなくて死にたくなったし、ごはんを食べること自体が苦痛で、飯時になる度に死にたいって思ってた。あー、また口の中で食い物をぐっちゃぐちゃにしなくちゃならないんだって。

生きるよりも死ぬことに惹かれて、かつ何故か生き続けているという人種はいるのではないだろうか?それならいっそ、毎日小さく死ねばいい。何かを死ぬためにやればいい。全力で死に向かってるって生きていけばいい。よし、今日もけっこう死んだって感じで。やっぱ憧れるよな、死って。別に悪いことじゃない。別にうつ病なわけでもない。

死ぬことを意識して懸命に生きるとかキツくない?いつか死ぬから精一杯生きるとかってなんか疲れない?他人に認められたいって思ってるだけじゃないの、それ?ほんとはゆったりしてたくない?

まじゆったりしてたい。かったりいよ、神経張り詰めて働くの。忙しくて寝る暇もない日々を過ごすくらいなら、飯食えなくて餓死した方が良いわ。というか断食にもまあまあ興味がある。それによってどんな感覚になっていくのか。まあぶっちゃけ、断食したことある。3日くらい。その時は吐く息が震えた。そして逆に生命力が湧いてきた。

というか生きてても醜くなっていくばっかりだりだな、と思う。じゃあいっそのこと、死について徹底的に考えてみるのはどうかな。臨死体験、仏教、クンダリーニヨガ、ダンテスダイジ、オショー、クリシュナムルティ。結構良いかもしれない。いくらでも書けそう。

不安をどうしても感じてしまうのなら、その不安を全部さらけ出してみんなで共有するのはどうだろう。禿げることへの恐怖を具体的に綴るとか。逆に未来の育毛技術が発達して禿げないのは確実だ!みたいなのとか。

ダメな部分や弱さをどうしても切り離せないのならいっそ、弱さを誰かと共有するのはどうだろう。なんだか誰にどう励まされたってやる気が出ないとか、好きで始めたはずのことも続かないとか、強くなろうと思い立って一時はやる気になるものの、やっぱりゴロゴロして適当にテレビのチャンネルを回してたりするのが好きな自分が出てくるとか。いくら解決策を提示されたって、そう簡単には解決しないじゃん、とか。自己啓発とか全部嘘っぱちじゃねえかよ、とか。そういう経験から学んだ、本当の自己啓発とは?とか。殆どが嘘だけど、これだけは少しくらいなら効果あるよ、とか。

たぶん無理しないことが大切。本当に全く無理しないこと。自分を上げようと意識せず、ただ淡々と自分の『こうだったらいいな』ってのを想像すること。

そのとき一切虚飾しないこと。他人から見てつまらなくていいってこと。くだらなくていいってこと。ゲスな欲望でも良いってこと。高尚なものじゃなくていいってこと、てゆうか、高尚なものであってはならないこと。焦らないこと。急がないこと。平常心であること。1歩を踏みしめること。

耐えてきた

いつか自由で楽しい日々が来るんだって、いやなことに耐えて生きていたら、生きること自体に嫌気がさしていた。そのことに気づいたとき、今まで周りにあったものを全て軽蔑してしまったよ。『なんだ、あいつが言ってたこと全部デタラメだったんじゃないかよ』って。確かに対して賢くないやつに限って口出ししてきたよな。あいつらマジで地獄に落ちろよ。

そう、自分に自信がないやつに限って、他人を自分のコピーにしたがるんだ。自分の価値観を他人にインストールしたがるんだ。そうやっていつも惨めさを撒き散らしてるんだ、奴らは。

まんまとやられちまった。あいつらの惨めさのはけ口にされちまった。少しでも信じた自分が情けないや。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする