【緊急速報】北朝鮮が日本に向けてミサイル発射!?日本初のJアラート発令!!

2017年8月29日5:58、北朝鮮の順安で発射したミサイルが、6:06に北海道襟裳岬上空を通り過ぎ、6:12頃に北海道襟裳岬の東1180kmの太平洋に落ちたことを確認し、日本政府は日本初のJアラートを発令した。これにより東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線は一時、運転を見合わせ、最大三十分の遅れが出た。これまでのミサイル発射よりも遥かに脅威である。国内では被害が確認されていないとは言え、度を越した行為だ。日本は米国などと連携して、対応を迅速にしていくことを決めた。

韓国のマスコミは朝から全局でこのミサイル発射の報道をしている。

韓国の合同参謀本部によると、北朝鮮順案(スンアン)からミサイルが発射されたことを確認している。また韓国、聯合軍は今回の北朝鮮のミサイルについて、最高高度は550キロメートルに達し、およそ2700キロメートル飛行したと見ている。

今回北朝鮮が発射したと発射したとさらるミサイルは、最大射程約束4700キロメートルと推定されているが、北朝鮮の順安から襟裳岬東1180キロメートルの場所の距離は約2700キロメートルであることから、何らかの失敗があった可能性を示唆している。

7時すぎに安倍首相は首相官邸に入り、直ちに情報の収集分析を行い、国民の生命を守るため万全を期すと語っている。また、情報収集分析に全力を尽くし、国民に情報を発信することや、とくにミサイルが通った地域に不足の自体に備え、万全の体制をとることなどの指示を出した。

アメリカ政府は今回の北朝鮮のミサイルは、北米への脅威を与えるものではないとした。

北海道釧路市の港では、海上保安庁の船が出航し、ミサイルの落下地点に向かった。ここでは6:00に防災のアラートが鳴った。落下物等の発見はない。

北海道函館市でも大きな混乱は見られない。午前6時ごろ、サイレンとともに屋内への退避を呼びかけた。市民はビックリして飛び起きた。警報を聞いて屋内退避と言われたので、家の中にいた。などと語っている。現在7:30頃になると、学生が投稿したり、会社員が通勤したりしている。

東京駅では北朝鮮のミサイル発射の情報を受けて、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線は遅延したものの、運転を再開し、混乱等はない。

ソウル支局では、北朝鮮のミサイル発射に慣れきっていて報道しないこともあるが、今回は国家安全保障会議の常任委員会を開いている。

中国メディアは日本メディアを引用する形で報道している。北朝鮮とは依然として対話による解決を促していたが、今回のミサイル発射により信頼関係が崩れたと中国側は考えていると予想できる。

日本での国家安全保障会議は7:40分頃に終わった。

北朝鮮が発射した弾道ミサイルは液体推進のものと考えられる。火星12型か、火星14型、あるいはムスダンであるが、三つに分離して着水したことにより、液体推進のものが分解して劇物となる恐れがある。ミサイルが弾頭分離したのが確認されたが、これは青森県にある高性能レーダーによって確認されたと考えられる。

今月9日、北朝鮮は火星12型はグアムに発射する、と宣言していたが、今回日本海に落ちたミサイルが仮に火星12型だとすると、

アメリカは警戒態勢、迎撃体制などを改め、日本との協力体制を改めていく必要がある。

北朝鮮の意図についてはまだ分析が必要である。

IAEAは、北朝鮮が実験用の原子炉を稼働させている可能性があると指摘した。

7:55頃、安倍総理は『北朝鮮が発射した弾道ミサイルが我が国上空を通過した。日本政府としてはミサイル発射から着水までの全てを把握しており、万全の体制をとってきた。このような暴挙はこれまでにない深刻なものであり、断固たる抗議を北朝鮮に対して行った。国連安保理にたいして緊急会合の要請を申し出た。北朝鮮に対する更なる強化を、国連にたいして要求した。強固な日米同盟のもと、緊張感をもって、国民の安全の確保に万全を期す』と語っている

北朝鮮が発射したミサイルは火星12型である可能性が高いと見られる。青森県にある高性能レーダーでとらえられているとすれば、三つに分離していることから考え、弾頭分離の際に何らかの失敗があった可能性があると予想されている。

火星12型であったとすると、発射台がキャタピラ式のものであるため、もともと順安にあったミサイルなのか、トンネルなどを通って移動させたミサイルなのかが分かりにくくなるという。

アメリカメディアでは自国での大洪水の報道がメインになっている。

管官房長官によると『航空機や船舶からの被害報告はない。落下物の確認作業をしている。我が国にとってこれまでにない脅威であり、航空機や船舶の安全確保の観点からも、極めて遺憾なものである。我が国として、引き続き北朝鮮にたいして自制を求め、断固たる対応をしていく。情報の収集、分析に全力を尽くし、国民に情報提供を行い、国民の安全と安心の確保に全力を尽くす。』とのこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする