努力が続かない理由とゴールに向かって安定して進んでいく方法

どうも、チャッソです☆

今回はなぜ努力が続かないのかを明らかにした上で、

ゴールに向かって着実に進んでいく方法を綴っていこうと思います。

1.自分を無条件に愛する

これが何よりも大切なことです。

なぜこれが大切なのかというと、それはこういう理由があります。

『これがあれば自分は人に認められるんだ』

とか

『こんな人間になれば人から愛されるようになるんだ』

などという思いから出てきた願望というものは、

『自分は何かを手に入れなければ、何者かにならなければ、生きている価値がないんだ』

という自己否定的な考えを強めてしまいます。

そうなってしまうと、努力すればするほど苦しくなり、

いつか折れてしまいます。

仮に自分の辛い気持ちを押さえ込んで何かを得たとしても、

その時には

『もっと大切なものがあったはずなのに』

と後悔することになるでしょう。

ですから、

『何があっても自分が自分の味方』であること。

『絶対に自分を見捨てないこと』がとても大切なのです。

たとえ今自分がどんな状況であろうと、

『そのままの自分を愛する』ということが大切なのです。

良いとか悪いとかは結局のところ他人との比較に過ぎないのですが、

その比較によって多くの人は傷ついてしまっているものです。

そしてそのせいで、自分の望む現実を自由に想像することができなくなっているのです。

だからこそ、自分を存在レベルで愛でることが必要なのです。

そうなって初めて、夢に向かっていくことができるのです。

2.自分の理想を思い描く

自分を存在レベルで愛でることができたら、自分の理想を思い描きましょう。

ただ、親や学校、会社での洗脳というものは人に強い影響を与えてしまうものですので、

『他人にカッコ良いと思われるものでなければならない』

とか

『他人に立派だと言われるものでなければならない』

と思い込んでしまっているものです。

だから、

『俺はこれを目指してるんだ!すげえだろ?』

みたいに、それをめざしていること自体を認めて欲しくなってしまうのです。

そこで、それを逆手にとってやります。

つまり、あなたが『他人に言うと恥ずかしいけれど、本当はやりたいこと』

を考えてみましょう。

たとえば、ついついお風呂で歌を歌ってしまうなら、歌うことでお金を稼げるようになればいい。

僕は実はイケメンになって女にモテまくりたいんだけれど、それをあからさまに実現させようとするのは恥ずかしいですよね。

人というのは、無意識に自分の思考を狭めてしまっているものです。

ですから、この作業が必要になってきます。

その意味で、もう一つ大切なものがあります。それは

『もし自分が世界一イケメン(美女)で、世界一金持ちで、世界一の天才だったとしたら、やりたいことは何か?』

と考えること。

小さい頃は『宇宙飛行士になりたい』とか

『野球選手になりたい』と自由に夢を思い描けていても、

大きくなるにつれて、『でもそれはあまりにも難易度が高すぎるな』

とか

『それじゃ稼げないかもしれない』

と考えてしまい、

選択肢から除外してしまうのです。

しかし大人になることで得たものは、悲しい現実だけではありません。

知識と創造力も得ているはずなのです。

今の世の中は、食べ物が溢れていて、

誰もがスマートフォンを持っていて、

戦後の頃を生きていた人たちに比べれば、満たされまくっているのです。

さらに、インターネットの普及により誰でも情報を手にいれられるようになりました。

ということは頭を使い、上手く情報を使いこなせば、自分の望む現実を手にいれることも昔ほど難しくないのです。

まずは本当に自分に素直になって、自分の望む現実を思い描いてみましょう。

きっと見つかるはずです。

3.自分の理想を分解する

たとえば小さい頃野球選手になりたかった人が今も野球選手になりたかったとしても、

なぜ野球選手になりたいのか?と自分に問いかけてみると、別にプロの野球選手になる必要はないことが多いです。

そもそもただ野球をしたいだけなら、

草野球チームでも組んで野球をすればいい。

しかしそれでは納得いかないというのであれば、それにも何か理由があるはずです。

それは人によって違うと思いますが、

『野球が上手くなるための最先端の知識・技術を学びたい』

『活躍してみんなにカッコ良いところを見せたい』

『プロ野球選手になっている自分が誇らしいと思う』

など、様々な願望があるでしょう。

しかし、これらの願望を叶えるのにも、やはりプロ野球選手になる必要はありません。

知識・技術を学びたいのなら、プロ野球選手に技術を教えるコーチと知り合いになればいいし、

活躍してカッコ良いところを見せたいのなら他にもごまんと方法はあるし、

誇らしい自分を実現したのなら、何か得意なことでそれを実現すればいい。

ここで大切なのは、

『他人の目を気にしない』

ということ。

とにかく自分がはまれること、とにかくワクワクすること、そういったものがやりたいことなんです、本当は。

というか、そういうものでなければ、何も続かないのです。

『他人に認められたい』という思いから生じた情熱は、自分を遠くには連れていってくれません。

あなたを遠くに連れていってくれるものを見つける最初のステップは、

『普段の生活でワクワクしていることは何か思い出してみる』

ということ。

『気づいたらついやってしまっていること』

『考えてみるとお金をかけていること』

そんなものが見つかるはずです。

そして、なぜそれをやってしまっているのか?ということを素直に考えましょう。

そうすれば、必ず自分が何をするのが好きなのかが見つかります。

4.ゴールを設定する

自分が好きなことを見つけられたら、次にこう考えてみてください。

『これを仕事にするにはどうすればいいだろう?』

これが次のステップです。

あなたがすでに何かスキルを持っているのであれば、そのスキルを使って、好きなことを仕事にできないか考えてみてください。

できるわけないと思いますか?

でもそれは、まだ他の人がやっていないからです。ただそれだけのことです。

コロンブスはまだ行ったことのない場所に行くことができました。最近でいうと、イーロンマスク氏は個人でロケットを作ってしまいました。

できないことなんてないのです。

『自分は彼らほど賢くないんだ』と思いますか?

実は人の脳にはそれほどの差はありません。

限界を設けるのはいつもその人自身なのです。

もし何もスキルを持っていないというのであれば、これから身につけていけばいい。

5.トレーニングする

そしてそのスキルを磨き上げてください。

それを日課にして、毎日トレーニングしましょう。

この時大切なのは、

『自分の進むゴールを明確にしておくこと』

いつのまにかトレーニングそのものが目的になってしまうと、最初は楽しくても、

これもまたいつか続かなくなります。

『あれ?俺なんのためにこんなことやってるんだっけ?』

となり、やめてしまうのです。

ですから、『自分がぜひ叶えたい理想の現実に向かって一歩一歩着実に歩んでいる』という感覚が重要です。

それを感じながら日々成長して行くのは、めちゃくちゃ楽しいことです。

楽しいから続くし、続けていると成長するからもっと楽しくなって、もっとやりたくなるのです。

このポジティブな連鎖を作ることができればこっちのものです。

いつか必ずその理想は実現するでしょう。

だからもっと自分と向き合って、

怖いからと言って、誰もが進む道なんかに進まないで、

本当にやりたいことをやってください。

それが自分が幸せになる唯一の方法だし、

そのポジティブなエネルギーは他人と社会を絶対に幸せにするのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする