[悲報]あの美少女リプニツカヤが引退!?羽生結弦の影響とは!?

ユリア・リプニツカヤ選手(19)が現役を引退することを、タス通信が28日報じたそうです。

今年4月には既に引退の意向を示していましたが、

今回の報道による引退理由は、「拒食症」による体重の激減とのこと。

リプニツカヤ選手の母親が「欧州で拒食症の治療をして帰国後、今年4月にスケート連盟幹部に引退の決意を伝えた」語っている模様です。

リプニツカヤ選手といえば、14年ソチ冬季五輪のフィギュアスケート団体で金メダルを獲得したっていうのもありますが、

何と言ってもフィギュアスケート界きっての美少女ということで有名です☆『ロシアの妖精』と揶揄されるほどの人気です。日本でも多くのファンがいるでしょう。

そんな『リプニツカヤが引退』ということになると、2020年開催の東京オリンピックや、フィギュアスケートの世界大会を見る楽しみが一つ減ってしまう、とがっかりしまう人も多いのではないでしょうか?できれば復帰してもらいたいところですよね?

ということで、今回はリプニツカヤ選手の拒食症になった原因、復帰の意向、そして以前話題になった「羽生結弦選手」の影響について調べてみました☆


プロフィール

出身国:  ロシア
生年月日: 1998年6月5日
年齢:    19歳
出生地:  エカテリンブルク
身長:    160cm

拒食症になった経緯とは

理由についてはっきりとしたことはわかっていませんが、考えられるのは、

体重を維持することのストレス

です。フィギュアの世界では体重を維持することがとても重要で、「500グラム増えただけでジャンプできなくなる」と言われているほどの厳しい世界。フィギュアスケート界では選手が拒食症になることは珍しくないようです。

華やかに見られがちな世界ですが、ハードな練習だけではなく我々には見えないところでも壮絶な努力をされているようです。

さらにリプニツカヤ選手は以前、「激太り」の報道をされたこともありました。その影響があって、ここ最近特に神経質になっていたのでしょう。

このようなツイートも。


選手として活躍するには、我々の想像をはるかに超えたプレッシャーがのしかかることを物語っています。

リプニツカヤ復帰の意向は??

ファンとしてはできれば復帰して欲しいところ。しかし、まだ引退の今のところリプニツカヤ選手が今後どうするかについてはまだわかっていないようです。ただ、拒食症を治すことに専念するために引退するということですから、元気を取り戻したあとは復帰をする可能性は十分にあります。

2014年にフィギュアスケートを引退された鈴木明子選手は、大学入学してすぐ、同じく体調管理に対する意識が強すぎることから拒食症になってしまい、32キロまで体重を落とした後に六ヶ月ほど入院をしたようです。しかしその後復帰して、オリンピックに二度出場しています。リプニツカヤ選手にも鈴木明子さんのように復活してもらいたいところですね☆

羽生結弦選手の影響は?

以前、リプニツカヤ選手が羽生選手にラブコールを送っていたという話題が上がっていました。そのことは今回の引退に影響しているのでしょうか?調べてみたところ、このような記事を見つけました。

「リプニツカヤは羽生のことが大好きで、ソチ五輪のときに羽生がリプニツカヤの腰に手を回している写真が撮影されていたほどです。ところが、羽生はソチ五輪後に膝を傷めたり、腰痛になったり、練習中に選手と激突して顎と頭を10針を縫う怪我を負って療養したこともあった。リプニツカヤはそのあいだ羽生に全く会うことができず、事実上ふられた形になったのです」(同・関係者)

(出典:https://myjitsu.jp/archives/11953)

この記事を読むと、リプニツカヤ選手の『拒食症』に羽生選手が影響しているとも考えられそうですが……..さらに

「細くてもバランスのいい体型だったのに、いまでは腕も体もガッシリして、かなり体が重そうなのです。演技中でもそれは顕著で、明らかに体重増が負担になっています。いまでは羽生のことも全く興味がないようです」(スケート雑誌編集者)

(出典:https://myjitsu.jp/archives/11953)

という記事もありました。今回の引退理由に羽生選手の影響はないと考えて良さそうです。


リプニツカヤ選手の引退はファンからしては悔やまれるところですが、彼女の拒食症が取り返しのつかないことになっては元も子もありません!

まずはリプニツカヤ選手が元気になることを期待しています☆

それでは、また☆