未経験から幸せなITエンジニアになるために必要な会社選びの方法

ITエンジニアとして実装をはじめて二週間が経ったけど…

久しぶりの更新。

ある地方にある会社でRuby on Railsを使った実装をはじめて二週間が経ちました。

やってみるとかなり面白いです。簡単に実装体験ができるので、初心者にもおすすめです。

少しだけ自己紹介。

僕は大して体系的に情報工学をやったりしたことはなく、成り行きで情報検定3級をとったくらいのレベルなのですが、

物好き、変態、凝り性が災いして、C言語に始まりPython、Swift、php、Unity、JS、果てはElixirなど、ありとあらゆる言語に手を出していくという意味不明なことをやってました。

でも実際に社会的に機能するものづくりがしたいと思って、色んな求人に応募しまくった結果、拾ってくれたのが今勤務している会社です。

まず最初の4、5日くらいは社内で勉強。Ruby on Railsはおろかrubyすらはじめてでしたが、わからないところを質問して理解を深めることができるので、すごく良い勉強になりました。というかまず、勉強するだけでお金がもらえるなんて、僕にとっては幸せすぎました。

その後実装。実際に会社のサイトにお問い合わせ機能や申し込み機能を加えたり、会員のマイページをレイアウトから考えて作ったりしました。それはそれは幸せな時間でした。

しかも社内の人間関係は最高。上司は僕よりも下から、十分に配慮してくれるし質問したらめっちゃ丁寧に解説してくれるし、エンジニア以外の人たちもめちゃくちゃ優しい。超ド級の人見知りの自分でも、なんとかやっていけそう。

あまりにも運が良すぎて、感謝してもしきれません。なのでこの溢れる感謝の気持ちをせっかくなら、ITエンジニア未経験のかたがこの世界に飛び込むときの励みになる情報や役立つ情報に変えたいと思い、この記事を書いていきます。

未経験からITエンジニアとしてプログラミングの世界に飛び込んでも大丈夫な理由

それは、ITエンジニアが圧倒的に人手不足だからです。

東京ではもちろん、地方でも求人はあります。

『ITエンジニア 未経験』とかで調べると、なんだかやばそうなことが書いていることが多いと思いますが、会社選びを間違えなければ全然大丈夫です。

しかもフロントエンド、つまりサイトをデザインしていく業務がバッチリできる人なんて地方にはほとんどいないので、かなりお金もうけできる可能性ありです。

ただ、地方ではなかなか求人自体がみつからないのも事実。そこはやっぱり逐一求人サイトを確認する必要があります。

おすすめは『はたらくぞドットコム』です。僕はここで応募して、未経験から採用していただきました。

採用された後に色々聞いてみたところ、はたらくぞドットコムは広告を出す側の費用がかからないのだそうで、ベンチャー企業にとってはありがたいそう。確かにはたらくぞドットコムはデザインがシンプルすぎるくらいです。

でも、ベンチャー企業はまだ人を集めるのにお金をかけられないので、未経験の人でも採用してくれる可能性は高いでしょう。採用された後もそれほどあくせくする必要なく、しっかり育ててくれる環境であることが多いはずです。

なので、まだITエンジニア未経験の人は、

『はたらくぞドットコムなどの求人サイトを逐一確認し、ベンチャー企業であれば迷わず応募する』

という風にやってみると良いのではないでしょうか。

ITエンジニア未経験者に役立つかもしれない具体的な会社選び

何と言っても、人間関係だと思います。

上司が鬱陶しい人とかパワハラ、セクハラありな人だと、やる気を失います。

逆に社内の人柄が良いと、親身になって教えてくれるし、失敗があったとしても優しくフォローしてくれるので、次の失敗を過剰に恐れてストレスをためることもありません。

ですから、IT未経験者が幸せになるために必要になってくるのが、面接の時に社内の雰囲気を確認することです。

確認すると良いと思うのは次の3点。

1.社長やエンジニアの人の物腰が柔らかいか

2.社員に美男、美女がいるか

3.車内が程よく綺麗にされているか

まず1ですが、やっぱり人柄というのは第一印象に現れてくるものです。なお、社長や社員の年齢が低ければ低いほど馴染めると思います。あんまり礼儀とか堅苦しくない方が僕は良いと思います。

次に2。美男美女がいるところというのは、やっぱり雰囲気が良いですよね。自分に自信があるから自分を大きく見せようとしてこない。だから話していてしんどくないし、虚栄心がないぶん人に対して優しかったりします。ちなみにうちの会社はみんな美男美女です、僕以外は。

最後に3。全然整理されていないと、きっとめちゃくちゃ忙しい時期に違いありません。そういう状況では、初心者が成長するのはきっとストレスが大きくかかってくるでしょう。逆にあまりにも綺麗過ぎても、それはそれで会社の中にものすごく神経質な人がいるような気がするので、初心者は肩身が狭い想いをするのではないかなと思います。

ITエンジニア未経験者が幸せになるために知っておくと良いかもしれないIT業界の実情

これは結構真面目な話になってしまうのですが、

ITエンジニアには上流工程とか下流工程とかがあります。

それで、下流しかしていないところはあんまりおすすめしません。

なぜかというと下流しかしていないところの大半は、エンジニアを社外に派遣するだけの、ほとんど派遣会社みたいなところばかりだからです。

まだ経験がないのに社外に派遣されて、できなかったら無能呼ばわりされることもざらにあるそうです。ストレスフルですよね。

僕が今いる会社では上流から下流までやりますし、優しい上司に丁寧に教えてもらえます。本当に運が良いです。

また、上流もやっていると言っている会社でも、ただ社内の中にたまたま優秀な人が入ってきて、その人が仕様書のミスまで指摘することができるだけで、実際にはその優秀な人以外は下流しかやっていない会社もたくさんあるらしいです。人手不足ですから、なりふり構わず求人している会社があるんですね。

なので、IT未経験者は上流もやっていることを見極めて、会社に入ることをおすすめします。

まとめ

ということで、ITエンジニア未経験者が幸せになるために必要なことを書いてみましたが、

「しょうもな…」

って思われたかもしれません。笑

まあなんだかんだ言っても、職場環境に恵まれるかどうかは運に大きく左右されます笑。

でも、上記に書いたようなことにクリアしている会社であれば、少なくとも不幸になるようなことはないのではないでしょうか。

良い人間関係の下で実務経験を詰めるというのは、本当に楽しいし幸せなことです。

僕はあまりにも幸せなので、会社に返すのはもちろん、これからITエンジニアを目指そうという人にもこの感謝の気持ちをお返ししていこうと思い、この記事を書きました。

少しでもお役に立てたり、励みになれたら嬉しいです。

では。