自己啓発実践日記(29日目)

どうも、チャッソです☆

ついにこの実践日記も一ヶ月の大台に、

あと1日で乗ります。

乗った後も淡々と続けていこうと思っています。

末長く宜しくお願いします。

ブラインドタッチ練習

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

パーキングエリア中で、ファンはずっと湯花を蒸す。

昨日より四秒速いですね。

毎日のようにタイピングしてきたこのワードですが、

明日を機に新ワードに変えたいと思います。

お世話になりました!!!!

今までありがとうございました!!


デイリーページ

  1. キングオブコントのようつべ動画がバズって嬉しかった。
  2. インターネットでビジネスができることに感謝。googleの感謝。
  3. バズりに挑戦してことは良かった。

  1. 多くの人からの反響をもらえるのは嬉しい。
  2. 今までは遊びだと思われていたことが歴とした仕事として認識されていく。それにつれて、今まで仕事だと思われていたものは、『何でそんな意味ないことしてたんだろう。昔の人って。』と思われるようになっていく。そんなものだ。
  3. 今やりたいこと、今できることに集中していく。

  1. 運動したい
  2. 旅行行きたい
  3. クリエイティブになりたい

  1. 筋トレする。肉とアボカドを食べる
  2. 旅行プランを具体的に立ててみる。
  3. 遊び心を原動力に活動してみる。

雑記

バズりたい。

ビジネスをバズらせたい。

自分を加速させたい。

開いた世界を生きたい。

心を開こう。

学生の頃、いろんな大人が

『心を開いて』

と言っていたけれど、

心の開き方がわからなかった。

なぜなら、

開かれた世界を想像することができなかったから。

心が世界を作り出すということだ。

開いた世界を生きるには、

自分が心を開かなければならない。

それは考えれば考えるほどわからなくなってしまう。

だから、ただ、心をひらけばいい。

心を開く方法は、頭の中にはない。

本当はそのやりかたを誰もが知っている。

例えば、心を開いて色々な人と関わっていく。

心を開いて、新しいことに挑戦する。

昔は無意識に苦手意識を持っていたことも、

今ならできる。

なぜなら、自分を持つことができたからだ。

自分で自分の進む道を決めたからだ。

自分で自分の生き方を決めることで、

自分の人生に責任が持てるようになった。

そしたら、今まで無力に感じていたものを、

『変えられるかもしれない』

そう感じられるようになった。

初めて、芯から力を感じている。

自分はぜんぜん無力なんかじゃなかったんだ。

本当は心から惚れた女に、心から惚れられたい。

そのためなら命をかけられる。

男ってそういう生き物だ。

自分の心で自分の人生を決めず、

親や同級生に認められるために何となく歩いていた頃、

自分の本音を抑えつけることが当たり前なんだと思っていた。

物心ついた時からそう思っていたから、

まさかこんなに自由な世界があるなんて思いもしなかった。

これからは誰にも人生の手綱を渡さず、

自分の本意で生きていく。

明日死んでもいいと思えるように、

今日を生きよう。

自分がやりたくないことをするのではなく、

自分がやりたくないことをさもやりたいことかのようにするのでもなく、

純粋に今やりたいことに、挑戦してみる。

それでいいんだ。

自分自身に、本当の安らぎを感じさせるために、

本当の喜びを感じさせるために、

一歩を踏み出すのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする