東大生100人がやっている脳に良い習慣!

あなたは『東大生』と聞くと、どんなイメージが思い浮かびますか?

『天才』『将来有望』など、誰もが憧れてしまうような存在である、東大生….。

8月29日19時から放送の『今夜はナゾトレ東大生をノゾキ見!明日から使える脳トレSP』で、

『東大生100人に聞いた脳に良い習慣』が紹介されていたので、今回はそちらをご紹介いたします。

もし東大生と同じ習慣を身につけることができれば、あなたも人に憧れられるような頭脳を手に入れられるかもしれませんよ☆

東大生100人に聞いた頭に良い習慣

第5位

カレーをよく食べる!
事実、東大の周りには多くのカレー屋さんがあるそうです。

カレーが脳に良いとされているのは、様々なスパイスが入っているからです。市販のルーでも、なんと15〜30種類のスパイスが入っているそう。
クルクミンという成分が認知機能の向上を促します。また、漢方では『小豆蒄(ショウズク)』と言われるカルダモンというスパイスは、集中力・計算力をアップする効果があることで知られています。

朝カレーはおすすめです。あのイチロー選手が朝カレーをずっと続けていることで有名ですが、それは理に適った習慣のようです。カレーのスパイスは、脳や体の交感神経を刺激して、体内のスイッチをONにする作用があります。さらにご飯をしっかり摂ることができ、体温を上昇させる有効な手段になります。

第4位

ストレス発散は音楽ゲームで遊ぶ!

音楽に合わせてボタンをおしたり、体を動かすというゲームです。
音を聞く力だけでなく、リズム感や反射神経が求められるため、複雑な脳の動きで前頭葉が活性化され、思考力・想像力がアップするという効果を期待できるのです!

東大生の間で特に流行っている音楽ゲームが、『チュウニズム』という最新のもの。

あなたも一度やってみてはいかがですか?

第3位

街中で計算をする

東大生の多くは、道端で4桁の数字を見つけて、足し算、引き算、かけ算、割り算をして、10にするという遊びをしているそう。

例えば、電信柱に2171と書いてあれば、(2➕1➕7)✖️1=10としたり、

車のナンバープレートに96−82と書いていれば、9➗6✖️8➖2=10としたりして、頭の中で遊ぶ。

このような遊びは、単に計算能力の向上だけでなく、学習やコミュニティケーションの向上にもつながるのだとか☆

第2位

子供の頃の習い事は水泳

東大生の6割が子供の頃に水泳を習っていたというから驚きです!

脳科学的に、小さい頃の水泳は脳に非常に好影響で、海馬の神経ネットワークがスムーズに行われるようになることが期待できるようです。

子供の神経系の発達は3歳頃がピークです。この時期に水の浮力の中で自由に体を動かして遊ぶことにより、水中の3次元的な動きが、算数の図形問題に対処する能力を鍛えます。

また空間認知能を鍛えることにつながるので、幼い頃の水泳は脳にも運動神経にも良い、ということです。

第1位

勉強する場所は自分の部屋以外

多くの東大生がリビングで勉強しているみたいです☆

アナザービジョンの松丸君の場合、1人になると見張られている感じがないので、ついつい遊んでしまうそう。そこで、リビングなどの家族からの目に晒されているところで勉強をすることにより、遊びの誘惑に打ち勝って継続的に勉強ができるようです。

他にも勉強のやり方について松丸くんが語っています。

ノートは中央に線をひくと良いそうです☆

この中央の線により、1行を効果的に記憶できるという効果があるみたいです。

また、ノートには間違えた問題を書き、解説を書き、なぜ自分が解けなかったのかを記入します。そうすることで、間違いの再発を防ぐことに繋がるようです。

さらに、ノルマを決めることが有効です。「10時間勉強すればいくらでも遊んでいい」と決めると、勉強が苦ではなくなると松丸くんは語っています。そもそも10時間も勉強できる人は少ないと私は思ってしまいますが…..笑


今回の放送では、東大生100人の脳に良い習慣について、アナザービジョンの代表である、イケメン現役東大生の松丸亮吾くんが紹介してくれました☆

松丸くんのプロフィールはこちら

生年月日:1995年12月19日

出身:千葉県市川市

学歴:麻布高等学校卒業・東京大学工学部在学中

松丸くんは四人兄妹の末っ子で、長男はなんと、メンタリストのDAIGOさん!!!

DAIGOさんも慶應義塾大学理工学部を卒業した後、さらに大学院まで行っています!!

松丸くんもDAIGOさんもただ勉強ができるだけではなく、芸能人としてもご活躍されています。この松丸家、とても頭脳明晰なご家族のようですね☆

アナザービジョンといえば、10万部を超えるベストセラーとなった『東大ナゾトレ』を生み出した謎解き集団ですが、リアル脱出ゲームの制作でも知られていますよね。東大の駒場祭や五月祭に行くとリアル脱出ゲームに参加できるそうなので、気になった方は行ってみては如何でしょうか?

謎解き制作団体AnotherVisionのウェブサイトはこちら

https://anothervision.tokyo/

それでは、また☆