ドラマ『アンナチュラル』は石原さとみが主演!豪華キャスト紹介

アンナチュラルのストーリー

石原さとみさん主演の『アンナチュラル』が1月12日金曜夜10時スタートするようです。

石原さとみさんはこのドラマで、TBS連続ドラマ初主演となるようです。

彼女が挑む役柄は、法医解剖医。ドラマの舞台は、不自然死究明研究所『UDIラボ』。

ここには不自然な死、つまりアンナチュラル・デスを遂げた怪しい死体が次々と運ばれてきます。

石原さとみ演じる三澄ミコトは、このUDIに運ばれた死体を調べ、死の謎や、そこに隠された事件の真相究明に迫ります。

UDIラボの敵は不条理な死。

『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』スタッフが贈る、これまでにない珠玉の法医学ミステリーです。

脚本は、昨年大ブレイクした『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子さん。これは話題になる事間違いなしです!

アヤリ
へえ〜面白そう。なんかドクターX大門未知子と、お昼の刑事ドラマをミックスしたような感じなのかな?めっちゃ私好みやん!
ジャック
石原さとみってかなり人気あるもんね。俺はそうでもないんだけどね。笑。でもスタッフも脚本もすごそうだし、ポスト大門未知子みたいな感じなのかな?だとしたらシリーズが続くかもね。

アンナチュラルのキャスト

キャストはUDIラボの記録員として窪田正孝さん、法医解剖医の仲間として井浦新さん、臨床検査技師として市川実日子さん、ラボの所長として松重豊さんなど、そうそうたるメンバーが揃いました。


味があるというか、個性派の俳優さんが多いですよね。

また、12月8日には薬師丸ひろ子さんがミコトの母親役として出演することが決まったようです。


ジャック
お、松重豊が出てる!松重豊は孤独のグルメでめっちゃ美味そうに食べるのを見てからずっと好きなんだよね。それに松重豊にしか出せない優しさみたいなのがすっごい出てる。

アヤリ
うん、なんかわかるよ。笑。このドラマではラボの所長みたいだけどどんな感じなんだろうね。私は窪田正孝が印象的だと思ったかな。『僕たちがやりました』ではかなりシリアスな役を演じててすごい演技力だなって思った。今度は記録員の役みたいだけど、また違う顔を見せてくれそうだね。

アンナチュラルのキャストたちのドラマに対する想い

井浦新さんと石原さとみさんはこれで共演3回目。井浦さんは石原さんの演技について、これまでの石原さとみさんの演技とは全然クオリティが違い、急成長していて新鮮だと語っていました。

石原さとみさんがこのドラマの第一話を見て思った感想は、『海外ドラマを見た後の印象に似ていた』ということ。スピード感があって展開があって、スッキリするけど持ち帰るものがあり、翌日会話したくなるような印象があったと言います。おしゃれなドラマで、すごく作品に自信があるようです。

石原さとみさん一押しのポイントは、法医学ミステリーだけど、シリアスドラマだけでなく会話劇でもあるところと言います。

劇中ずっとしゃべっていることが他愛のないことのような感じがしますが、実はそれが伏線になっていたり、その一言が結末に繋がっていたりする。ライトな会話のシーンこそ音量をあげて観て欲しいのだとか。法医学エンターテイメントという感じがするドラマになっているそうです。

まとめ

石原さとみさんが自信があるというくらいですから、確かに面白いドラマなのでしょうね。

実力派、個性派の俳優陣に、有名な作品を手がけたスタッフ、脚本家の力が集結したこのドラマ。クオリティの高さに期待できそうです。

みなさんも、ぜひ『アンナチュラル』をご覧くださいね。

ではでは。